八幡平オートキャンプパーク・アスピア | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

八幡平オートキャンプパーク・アスピア (Yawatadaira Ōtokyampupāku・asupia)

八幡平オートキャンプパーク・アスピアは秋田県鹿角市のオートキャンプ場。国道341号線沿い、八幡平温泉郷の一角に位置に位置する。 1993年にオープン。 オートキャンプサイトが110区画を超える日本最大級の施設であったばかりか、日本オートキャンプ協会による「五つ星」評価も得ている高品質のキャンプ場だった。温泉地帯に位置するため、キャンプ場のセンターハウス内には大浴場と露天風呂があった。 施設内は「しらかばゾーン」「ななかまどゾーン」「べにやまざくらゾーン」「けやきゾーン」に分かれ、各ゾーンにはそれぞれの木が植えられていた。 近隣には熊牧場やスポーツ施設、釣り堀等があり、八幡平トレッキングの拠点としても利用されていたという。 2015年4月より休業、2016年3月に廃業となった。 2019年8月時点で現存し、敷地内に雑草が茂っているものの、建物は比較的綺麗な状態で管理されている。 周辺は熊の出没地帯であるため、無断キャンプ等は危険である。

Hachimantai Auto Camp Park Aspia

Hachimantai Auto Camp Park Aspia is an auto campground in Kazuno City, Akita Prefecture. Located along the national highway 341, at one corner of Hachimantai Onsenkyo. Opened in 1993. The auto camp site was not only the largest facility in Japan with more than 110 sections, but it was also a high-quality campsite that earned the five-star rating from the Japan Auto Camp Association. Because it is located in the hot spring area, there was a large public bath and an open-air bath in the center house of the campsite. The facility was divided into “Shirakaba Zone”, “Nanakamado Zone”, “Beniyamazakura Zone” and “Keyaki Zone”, and each zone was planted with its own tree. There are bear farms, sports facilities, fishing ponds, etc. in the neighborhood, and it was used as a base for Hachimantai trekking. It was closed from April 2015 and closed in March 2016. Although it exists as of August 2019 and weeds are on the grounds, the building is managed in a relatively clean state. Unauthorized camping is dangerous because the surrounding area is a haunted area of bears.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻