日本セメント門司事業所 | 廃墟検索

日本セメント門司事業所 (Nippon Semento Moji Jigyō Sho)

日本セメント門司事業所は、福岡県北九州市門司区にあったセメント工場跡。「日○セメント○○事業所」等として紹介されていることもある。 1893年に浅野セメントとして操業開始。1947年に日本セメントと改称。1980年操業停止。なお、日本セメントは1998年に秩父小野田と合併して太平洋セメントになった。 建物群の中には大戦中の防空監視哨も残っていた。 1918年竣工の煉瓦造の建造物群が残り、蔦のからまる巨大な工場は多くの廃墟ファンを魅了したが、2008年に解体されてしまった。

Japan Cement Moji Works

The Nippon Cement Moji Works was a cement factory trace found in Moji Ward, Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture. It is sometimes introduced as "Sun ○ Cement ○ ○ establishment" etc. Operated as Asano Cement in 1893. In 1947 it was renamed Japan Cement. Operation stopped in 1980. In addition, Nippon Cement merged with Chichibu Onoda in 1998 and became Taiheiyo Cement. In the building group there were also air defense monitoring patrols during the war. A brick building group completed in 1918 remained, and a huge factory filled with ivy attracted many ruins fans, but it was dismantled in 2008.

This tool is a tiny cache of Haikyo Info with English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and a haikyo map.