三井三池炭鉱三川坑 | 廃墟検索

三井三池炭鉱三川坑 (Mitsui Mīke Tankō San Gawa Ana)

三井三池炭鉱(みついみいけたんこう)は、福岡県大牟田市・三池郡高田町(現・みやま市)及び熊本県荒尾市に坑口を持っていた炭鉱である。江戸時代から採掘が行われてきたが、1889年、三井財閥に払下げられた。日本の近代化を支えてきた存在であったが、1997年3月30日に閉山した。 三井三池倶楽部に隣接している。 事務所跡、斜坑への入昇坑口跡、第二斜坑坑口跡、トロッコ線路、倒壊しかけたコンプレッサー室跡などが残る。 毎週土曜日日曜日および祝日に公開されている。

Mitsui Miike coal mine Mikawa pit

Mitsui Miike coal mine (Mitsui Mikake Tanko) is a coal mine having a wellhead in Fukuoka prefecture Omuta city, Miike gun Takada cho (present · Miyama city) and Karamoto prefecture Arao city. Mining was done from the Edo period, but in 1889, it was paid to Mitsui Zaibatsu. It was an existence that supported Japan's modernization, but it closed down on March 30, 1997. It is adjacent to Mitsui Miike Club. The site of the office, the entrance to the entrance to the slope, the trail of the second pit entering the well, the truck course, the collapse of the compressor which collapsed remain. It is open every Saturday Sunday and public holidays.

This tool is a tiny cache of Haikyo Info with English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and a haikyo map.