岩根橋のカーバイド工場 | 廃墟検索

岩根橋のカーバイド工場 (Iwane Kyō No Kābaido Kōjō)

岩根橋のカーバイド工場は岩手県遠野市にあった工場。釜石線岩根橋駅近くに位置する。 生石灰とコークスからカルシウムカーバイドを製造する工場だった。カルシウムカーバイドは高温下で窒素と反応させて、肥料として使われているカルシウムシアナミドの合成にも使われる。 付近にあり、この工場へ電力を供給していた岩根橋発電所と共に宮沢賢治の作品(春と修羅 カーバイト工場)に登場する。 煉瓦作りの建物跡が残り、ヨシに埋もれている。

Iwane Bridge Carbide Factory

The carbide plant in Iwane Bridge was located in Tono City, Iwate Prefecture. Located near Iwanebashi Station on the Kamaishi Line. It was a plant that produces calcium carbide from quicklime and coke. Calcium carbide is reacted with nitrogen at high temperatures and is also used to synthesize calcium cyanamide, which is used as a fertilizer. It will be in the vicinity of the Iwane Bridge Power Station, which supplies power to this factory, and will appear in Kenji Miyazawa's work (spring and shura carbait factory). The remains of a brick building are buried in Yoshi.

This tool is a tiny cache of Haikyo Info with English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and a haikyo map.