サニーランド蛇の島 | 廃墟検索

サニーランド蛇の島 (Sanī Rando Hebi No Shima)

サニーランド蛇の島(サニーランドじゃのしま)は、かつて岩手県盛岡市上堂にあった遊園地である。 北上川に架かる北大橋の上流にある中州「蛇ノ島」に、1967年(昭和42年)に開園した。オープン当初は賑わいを見せたが、わずか3年で閉園した。現在は私有地で、立ち入ることは出来ない。 現在も残されている洋館は、1911年(明治44年)、盛岡市内丸に「日本赤十字社岩手県支部」として建てられたものを、後に移築したものである。サニーランド蛇の島のシンボルマークである「太陽」を象った紋章が遺されている。

Sunnyland Snake Island

Sunnyland snake island (Sunnyland Jasashima) is an amusement park that was once in Kamigado, Morioka, Iwate Prefecture. It opened in 1967 (Showa 42) in Nakasu "Snake Island" upstream of the Kita Ohashi crossing Kitakami River. Although it showed bustle at the beginning of the opening, it closed in just three years. It is a private property now and can not enter. The Western-style building which is still present is the one which was built later as "Japan Red Cross Society Iwate prefecture branch" in Morioka city Uchimaru in 1911 (Meiji 44). The crest symbolizing the "sun" which is the symbol mark of Sunnyland Snake Island is left behind.

This tool is a tiny cache of Haikyo Info with English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and a haikyo map.