むつ湾インターナショナル・スピードウェイ(むつ観光牧場) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

むつ湾インターナショナル・スピードウェイ(むつ観光牧場) (Mutsu Wan Intānashonaru Supīdowei)

むつ湾インターナショナル・スピードウェイは、1970年代に青森県野辺地町にあったサーキット場である。別名「野辺地(のへじ)スピードウェイ」。 1972年7月にオープン。4.5km、セミオーバル・左回りの東北地区初の超高速コース。コース幅20メートル、ピット数40、アスファルト舗装。フラットコースだが第1&最終コーナーにカントがついている。サニークラスですら最高速250kmに迫る超コースであった。 オイルショックによるガソリン代の高騰、遠隔地なことから参加者の確保が難しいことなどから、1973年に閉鎖。 サーキット閉鎖後も敷地内は動物園として利用されていたが、動物園が閉鎖後、野生化したタイワンザルが近隣の植物を襲うので問題になったことがあった。 2014年頃に解体され、跡地は風力発電施設となり、観客席の基礎跡がわずかに見られるのみである。

Mutsu Bay International Speedway (Mutsu Tourist Farm)

Mutsu Bay International Speedway is a circuit place in Aomori Prefecture Nobeyama Town in the 1970s. Another name "Nojiji Speedway". Opened in July 1972. 4.5 km, semi-oval, left-handed Tohoku area first super high speed course. Course width 20 meters, pit number 40, asphalt pavement. Although it is a flat course, Kant is attached to the first & last corner. Even the Sunny class was a super course that approached the fastest 250 km. It was closed in 1973 due to soaring gasoline fee due to oil shock, difficulty in securing participants due to remote location. Although the inside of the site was used as a zoo even after the circuit was closed, there was a problem as the zoo was closed after the wild bird attacked nearby plants. It was dismantled around 2014, the site became a wind power generation facility, and the foundation trace of the audience seating is only seen slightly.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻