藤沢カントリー倶楽部(グリーンハウス) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

藤沢カントリー倶楽部(グリーンハウス) (Fujisawa Kantorī Kurabu)

藤沢カントリー倶楽部(ふじさわカントリーくらぶ)は、かつて神奈川県藤沢市にあったゴルフ場。昭和初期の不況対策の一環で設立された。 クラブハウスは、アントニン・レーモンド設計で、屋根瓦が緑色だったことから「グリーンハウス」と呼ばれた。 1932年(昭和7年)4月竣工。1943年(昭和18年)10月24日閉鎖。後に、同地周辺は藤沢飛行場となる。 グリーンハウスは歴史的建築物として現存し、神奈川県立体育センター第2合宿所として利用されている。 再利用されているため廃墟ではない。

Fujisawa Country Club (Green House)

Fujisawa Country Club (Fujisawa Country Club) was a golf course that was once in Fujisawa-shi, Kanagawa Prefecture. It was founded as part of the depression countermeasure in the early Showa era. The clubhouse was designed by Antonin Raymond and was called "Green House" because the roof tile was green. It was completed in April 1932 (Showa 7). Closed on October 24, 1943 (Showa 18). Later, the area around the area will be Fujisawa airfield. The green house is existing as a historical building and is used as the second Kanagawa prefectural physical education center camp. It is not ruined because it is reused.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻