旧平沼駅 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

旧平沼駅 (Kyū Hiranuma Eki)

平沼駅(ひらぬまえき)は、京浜電気鉄道(後に会社合併により東京急行電鉄)の鉄道駅である。現在の京急本線上にあった。 1931年(昭和6年)に開設されるが、第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)に営業を休止。翌年廃止された。翌1945年(昭和20年)5月29日の連合国軍機による横浜大空襲の際に、残存施設が壊滅的な被害を受けた。 1999年(平成11年)までは現在の線路上を跨ぐ形で鉄骨の屋根の跡が残されていたが、老朽化により崩れる危険が出てきたことから撤去された(プラットホームは腐食・崩壊を防ぐため、プラスティックでコーティング処理されている)。ホームの遺構は現存しており、そこに駅が存在していたことを彷彿とさせる。これはホームが高架橋と一体となっているため、撤去すると高架の強度を保つことができなくなるためである。ホームには保線機材が置かれている。

Former Hiranuma Station

Hiranuma station (Hiramanchaki) is the railway station of the Keihin Electric Railway (later Tokyu Corporation due to merger of the company). It was on the current Keikyu Main Line. It will be opened in 1931 (Showa 6), but closed during business in World War II in 1943 (Showa 18). It was abolished the following year. The remaining facilities were devastated by the Yokohama Great Air Raid by the Allied Nation Forces on May 29, 1945 (Showa 20) in 1945. Until 1999 (Heisei 11), traces of the steel roof were left behind on the current railway track, but it was removed from the risk of collapse due to aging (the platform was corroded and collapsed To prevent it, it is coated with plastic). The remains of the home exist and it reminds me that there was a station there. This is because the home is integrated with the high bridge, it is impossible to keep the strength of the elevated if removed. Housing equipment is placed at home.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻