日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 (Nippon Kāritto Kabushikigaisha Hodogaya Kōjō)

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場は神奈川県横浜市保土ケ谷区にあった火薬工場。 1917年、創業者の浅野総一郎がスウェーデンのカーリット社からカーリット爆薬の東洋における製造・販売権を獲得。1919年、保土ヶ谷工場建設、カーリット爆薬の製造開始。1920年、日本カーリット株式会社設立。1923年、関東大震災により被災、浅野セメント株式会社に合併。1934年、浅野カーリット株式会社設立。1944年、保土ヶ谷工場が軍需工場に指定。1946年、GHQがカーリット爆薬の製造斎戒を許可。1951年、日本カーリット株式会社に改称。1995年、保土ヶ谷工場を閉鎖し、群馬県に移転。 日本カーリット株式会社自体は現役企業である。 跡地はたちばなの丘公園として整備され2011年に一部開園。「カーリットの森」と呼ばれている。 土塁とレンガ造りの隧道遺構が残り、尾根道下隧道、トロッコ用レール、第四混和工室、第九填薬工室、包装収函工室などが公園の一部として見学できる。

Japan Carlit Co., Ltd. Hodogaya Factory

Japan Carlit Co., Ltd. Hodogaya Plant was a gunpowder factory located in Hodogaya Ward, Yokohama-shi, Kanagawa Prefecture. In 1917, founder Asano Shoichiro gained the right to manufacture and sell Carlit explosive in the Orient from Carlit, Sweden. In 1919, construction of Hodogaya factory, production of Carlit explosive started. Established Japan Carlit Co., Ltd. in 1920. In 1923, damaged by the Great Kanto Earthquake, merged with Asano Cement Co., Ltd. Established Asano Carlit Co., Ltd. in 1934. In 1944, the Hodogaya factory was designated as a military factory. In 1946, GHQ allowed manufacturing and supervision of Carlit explosive. In 1951, renamed to Japan Carlit Co., Ltd. In 1995, closed Hodogaya factory, moved to Gunma prefecture. Japan Carlit Co., Ltd. itself is an active company. The site is maintained as a Tabbana Hill Park and opened in 2011 in part. It is called "Carlito's forest". The remains of the base and the brick-made tunnel remains, and the ridge Michishita tunnel, the trolley rail, the fourth blending chamber, the ninth filling room, the packing and cabinet room, etc. can be seen as part of the park.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻