広和ビル(津久井進学予備校) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

広和ビル(津久井進学予備校) (Hirokazu Biru)

広和ビルは神奈川県相模原市緑区のビル。国道412号線沿いに位置する。「グレートマザーの宿る、ツギハギビル」等として紹介されていることもある。 足場用単管パイプとクランプを大量に使い増築されている。 えんじ色の壁面の一見五階建てビルだが、2015年10月17日の不動産情報では「物件概要、地上3階」とあり、4階(屋上)の白い部分と5階(屋上に出るための部分)の白い部分は、全て増築らしい。 建物裏側(道路と反対側)にも同様の増築が見られる。 三階より上の外階段は雨樋などをつなぎ合わせたものらしく、階段の体を成していない。 閉業時期不詳で、現在でも使用されている可能性があるが(後述)、2012年時点で廃墟としての言及が見られる。 2010年8月時点では、1階部分のスピリチュアルな絵画が見当たらず、2016年10月までに設置されたものらしい。これらの絵画には「ダイヤモンドマザー」「観音様・涅槃山」「白百合ジェンヌ生のデビュー」「ドリームマザー デビューの里」「東洋のアルプス・ドリームマザー」「ダイヤモンド富士・高尾山デビュー」などのタイトルが付けられているらしい。 「津久井進学予備校」の看板、また「舞踊・琴・バレエ31(ミイ)」「白百合・OB・友の会・ヤマハ・バレエ・編物・学園」の看板が見られる。 一階には豚骨ラーメンの店があったらしいが、2018年時点で施錠されており営業していない。 オーナーは津久井地域でバレエスクールや編物教室などを経営していた男性で、「足掛け30年間・OB1800名」と公式サイトで謳っている。ソワールデビュース相模湖クラブの経営者でもあった。 1981(昭和56)年に大手工務店を退社し、自宅兼教室を建設、その後津久井町に移動、ソワールデビュース相模湖クラブを創設したらしい。広和ビルは「相模原ゲストハウス」として紹介されている。他に八王子シエアハウスがある。 公式サイト上では「平成29年11月」の日付で開口となっているが、2019(平成31)年3月現在、広和ビルに現役使用されている様子は見られない。また2018年に債権回収会社からの郵便物がポストに残されているのが確認されている。 管理会社名義で立入禁止の掲示が設置されており、管理されている。

Hirokazu Building (Tsukui Graduate School Preparatory School)

Hirokazu Building is a building in Midori-ku, Sagamihara City, Kanagawa Prefecture. Located along Route 412. It has also been introduced as "Tsugihagi Building where the Great Mother lives". It is built using a large amount of single pipe pipes and clamps for scaffolding. It looks like a five-story building with a wall of orange color, but in the real estate information on October 17, 2015, it is "the property summary, the third floor above the ground", and the white part of the fourth floor (the roof) and the fifth floor (for the roof The white part of part) seems to be all extension. Similar extensions can be seen on the back of the building (opposite the road). The outer stairs above the third floor seem to be a combination of rain gutters and so on, and do not form the body of the stairs. It is unclear when the work is closed and may still be used (see below), but as of 2012, it can be mentioned as a ruin. As of August 2010, there are no spiritual paintings on the ground floor, which seems to have been installed by October 2016. These paintings have titles such as "Diamond Mother", "Kannon-sama / Sasayama", "Debut of White Yuri Jenne student", "Dream mother debut village", "Oriental Alps dream mother", "Diamond Fuji / Takaoyama debut", etc. It seems to be attached. You can see the signboard of "Tsukui Shingaku Preparatory School", and also the signboards of "Dance, Ball, Ballet 31 (Mii)", "Hakuyuri, OB, Friendship Club, Yamaha, Ballet, Knitting, School". It seems that there was a pork bone ramen shop on the first floor, but it was locked as of 2018 and is not open. The owner is a man who ran a ballet school and a knitting class in Tsukui area, and he speaks on the official site "30 years for footing · OB1800 people". He was also the owner of the Soir Debuts Sagami Lake Club. He left a major construction company in 1981 (Showa 56), built a home-cum-classroom, moved to Tsukui-cho, and apparently founded the Soir Debuts Sagamiko Club. Hirokazu Building is introduced as "Sagamihara Guest House". There is also the Hachioji Sea House. It becomes an opening on the date of "November 2017" on the official site, but as of March 2019 (Heisei 31), it is not seen that it is in active use in the Hirokazu Building. It is also confirmed that mail from a debt collection company is left in the post in 2018. A notice of no entry is set up and managed under the name of management company.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻