向ヶ丘遊園 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

向ヶ丘遊園 (Mukōgaoka Yūen)

向ヶ丘遊園は、神奈川県川崎市多摩区にあった小田急電鉄系の遊園地。 1927年(昭和2年)開園。2002年(平成14年)3月31日閉園。 その後、市民の要望を受ける形で、川崎市が園内のバラ苑を生田緑地の一部として管理している。ボランティアがバラの手入れなどを行い、春と秋の開花時季には一般公開を行っている。 跡地は小田急電鉄により宅地開発される予定であったが、住民による反対運動や経済の低迷などにより凍結状態となった。 2011年(平成23年)9月3日、跡地の一部に藤子・F・不二雄ミュージアムが開館した。 敷地の大部分は遊具を撤去した状態で残っている。

Mukogaoka Amusement Park

Mukogaoka Amusement Park is an amusement park of the Odakyu Electric Railway system located in Tama Ward, Kawasaki City, Kanagawa Prefecture. Opened in 1927 (Showa 2). Closed on March 31, 2002 (Heisei 14). After that, Kawasaki city manages the rose garden inside the park as part of Ikuta green space in the form of receiving requests of citizens. Volunteers take care of roses, and they are open to the public during spring and autumn flowering seasons. The site was scheduled to be developed by Odakyu Electric Railway Co., Ltd., but frozen due to opposition movement by residents and economic downturn. On September 3, 2011, Fujiko · F · Fujioio Museum opened in part of the site. Most of the site remains with the playground removed.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻