フランス領事館跡(港の見える丘公園) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

フランス領事館跡(港の見える丘公園) (Furansu Ryōjikan Ato)

フランス領事館跡は神奈川県横浜市中区の港の見える丘公園内に残る施設。 現在「フランス山」と呼ばれている区画は、1863年6月から1875年3月までフランス海兵隊の駐屯地だった。その後、海兵隊当局がこの地区の借地権をフランス駐日外交代表部に譲渡し、1894年にフランス人建築家サルダの設計により領事館と領事官邸が建設された。この建物は関東大震災で倒壊してしまったが、1930年にスイス人建築家ヒンデルの設計で再建される。しかし、この建築物も1947年に火事で焼失してしまった。 現在残されている廃墟は、この火事で焼け残った1階部分である。最初の建物には揚水用の風車が併設されていたが、この風車の基礎部分も残っている。 文化財として保護管理されている。

French Consulate Trail (Harbor View Hill Park)

The French consular office remains in the hill park where you can see the harbor in Naka Ward, Yokohama, Kanagawa. The section now called 'French Mountain' was a garrison of the French Marine Corps from June 1863 until March 1875. Then the Marine Corps authorities transferred the leasehold rights of this district to the French diplomatic delegation in France Consignment and consular office and consular official residence were built by French architect Sarda in 1894. Although this building collapsed in the Great Kanto Earthquake, it was rebuilt in the design of Swiss architect Hindel in 1930 However, this building was destroyed by a fire in 1947. The ruin which is currently left is the first floor part which remains burned in this fire.The windmill for pumping is installed in the first building However, the foundation part of this windmill remains, it is protected and managed as a cultural property.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻