アジアパーク | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

アジアパーク (Ajia Pāku)

アジアパークは、かつて熊本県荒尾市にあったテーマパークである。総合保養地域整備法(通称「リゾート法」)に基づいて開園したテーマパークの一つであり、同法の負の部分や、行政の甘い見通し、第三セクターによる安易な経営を象徴付けるテーマパークとされる。「ア○アパーク」「Aパーク」等として紹介されていることもある。 1993年(平成5年)三井グリーンランドに隣接する炭鉱住宅跡地にオープン、初年度こそは入場者約57万人と好調だったが、2年目以降は来場者が激減。1996年(平成8年)に「セガ・ワールド」を誘致したが経営難から脱することができず、2000年(平成12年)8月に約31億円の負債を抱えて閉鎖。第三セクターは解散した。 現在でも跡地内にアトラクションのミニチュアが残っているが、かつてあった水路の殆んどは埋め立てられている。

Asia park

Asia Park is a theme park once in Arao City, Kumamoto Prefecture. It is one of the theme parks opened on the basis of the Comprehensive Recreational Area Development Law (the so-called "resort law"), and the negative part of the law, the sweet outlook of the administration, the theme park symbolizing easy management by the third sector . There are cases sometimes introduced as "A ○ Apark" "A Park" etc. 1993 (Heisei 3) Opened at the site of a coal mine housing adjacent to Mitsui Greenland, the first year was good with about 570,000 visitors, but visitors have drastically decreased since the second year. In 1996 (Heisei 1996) he attracted "Sega World" but can not escape from management difficulties, closed in August 2000 with about 3.1 billion yen debt closed. The third sector broke up. Even now, miniatures of attractions remain in the site, but most of the waterways that once exist are landfilled.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻