びわ湖バレイ・カーレーター | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

びわ湖バレイ・カーレーター (Biwako Barei・kārētā)

びわ湖バレイ・カーレーターは滋賀県大津市木戸にあるスキー場・びわ湖バレイに設置されていたカーレーター。 びわ湖バレイ自体は現役施設である。1965年、産業経済新聞社がサンケイバレイとして開設。 カーレーターとは、山の斜面をベルトコンベアにより運ぶ登山用交通機関で、乗客はゴンドラに搭乗する。直線勾配区間がベルトコンベア、乗り場やカーブ、水平区間などはホイールコンベア(複数の車輪を組み合わせたコンベア)で構成される。 サンケイバレイ開設当初は、全長約2kmのカーレーターが約23分で山ろくと山頂を結んでいた。乗り心地の悪さなどから1975年10月に廃止され、代わってゴンドラリフトが開業して所要時間は約8分に短縮された。 廃止後もしばらくの間は施設がそのまま放置され、アルプスゴンドラからも山中に残されたシェルターを見ることができたが、2000年代の初頭に撤去された。また、山頂駅の建物は、最近までレンタルスキー小屋として使用され、シェルターの一部も残されていたが、2008年の夏頃に取り壊された。跡地はスノーランドの一部となっている。 ロープウェイ山麓駅の脇にはカーレーター山麓駅だった建物が現存し、廃止後しばらくの間はびわこ自然史博物館として使われていたが、現在は山頂から移転したレンタルスキー小屋となっている。 現在も山麓付近のカーレーターが通っていた所はあまり木が生えておらず、山中には3ヶ所存在していた橋梁のうちの2ヶ所のコンクリートの土台が現存する。他にシェルターの残骸やベルトコンベアなどの部品が散見され、コンクリート製の路盤が残っている箇所も見られる。 なお途中には3ヶ所のトンネルが存在していたが、全てコンクリートで塞がれている。

Biwako Valley Carter

Lake Biwa Valley Carter is a carator installed in the ski resort / Biwako Valley in Kido, Otsu, Shiga Prefecture. Biwako Valley itself is an active facility. In 1965, the Sangyo Keizai Shimbun opened as Sankei Valley. A carator is a mountaineering transportation facility that carries mountain slopes by a belt conveyor, and passengers board a gondola. The linear gradient section is composed of a belt conveyor, a platform, a curve, a horizontal section and the like are constituted by a wheel conveyor (a conveyor combining a plurality of wheels). At the beginning of the Sankei Valley opening, the car rider with a total length of about 2 km reached the top of the mountain with a mountain in about 23 minutes. It was abolished in October 1975 due to uncomfortable ride, and in lieu of that the gondola lift opened and the required time was shortened to about 8 minutes. After the abolition for a while the facility was left intact and the shelter that was left in the mountain from the Alps gondola could be seen but it was removed in the early 2000s. Also, the building at the summit station was used as a rental ski hut until recently, and part of the shelter was also left, but it was demolished around the summer of 2008. The site is part of Snow Land. A building that was a mountain foot of the Carrator station was present at the foot of the mountain foot of the ropeway and was used as Biwako Natural History Museum for a while after abolition but now it is a rental ski hut relocated from the summit. The place where the carator near the foot of the mountain passed still does not have much trees, and there are foundations of two concrete bridges among the bridges that existed in three places in the mountains. Other parts such as shelter remnants and belt conveyors are scattered and there are also places where concrete roadbed remains. There were three tunnels on the way, but all were closed with concrete.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻