多摩テック | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

多摩テック (Tama Tekku)

多摩テックは東京都日野市にあったモータースポーツをテーマにした遊園地および温泉施設である。遊園地については同じ経営主体による鈴鹿サーキットとともに「モートピア」と呼ばれていた。 1961年に、本田技研工業系列のモータースポーツセンターとしてオープン。2009年9月30日をもって営業を終了し、閉鎖された。 多摩テック跡地を明治大学が買収し、明治大学ラグビー部等の同大学体育会各部の練習場および合宿所等の拠点「(仮称)明治大学スポーツパーク」として利用する構想が明らかにされている。2014年からの利用を目指している。 すでに観覧車は解体。

Tama Tech

Tama Tech is an amusement park and hot spring facility based on motor sports that was in Hino City, Tokyo. For the amusement park, it was called "Moatpia" with Suzuka Circuit by the same management entity. In 1961, it opened as a motor sports center of Honda Motor Industry. It was closed on 30th September 2009 after closing the business. Meiji University acquired the site of Tama Tech, and the concept to use it as "(tentative name) Meiji University sports park" has been clarified, as a base of the practice field and training camp of each part of the university physical education department such as the Meiji University Rugby Department. It aims to use from 2014. The Ferris wheel has already been demolished.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻