SOWA美術館 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

SOWA美術館 (Sowa Bijutsukan)

SOWA美術館は新潟県長岡市寺にあったトリックアートミュージアム。国道402号線沿いに位置する。 1993年オープン。 環境デザイナー・剣重和宗(けんじゅうかずむね)氏の監修による美術館で、一階はエジプト遺跡をモチーフにした迷路状のフロア、二階には種々のトリックアートが展示されていた。彫刻のように見える絵や、上半分と下半分で違う本数に見える「悪魔のフォーク」図、W・E・ヒルによる著名な「娘と老婆」図など、数多くの騙し絵、トリックアートが収蔵展示されていた。なお、剣重和宗氏は、1997年11月に「那須とりっくあーとぴあ」ミケランジェロ館のシスティーナ礼拝堂を描いている際に事故で亡くなっている。 料金は大人1300円、中高生1000円、小人700円であった。 2017年8月31日閉館。 2018年7月時点では不使用状態のまま放置されていたが、2019年5月現在、建機レンタル店に転用されている。 それ自体トリックアートとなっているユニークな建物は事務所としてそのまま利用されており、道路上から確認できる。

SOWA Museum of Art

The SOWA Museum of Art is a trick art museum located at Nagaoka City Temple, Niigata Prefecture. Located along Route 402. Opened in 1993. The museum was created by the environmental designer Kenju Kazumune, and the first floor was a maze-like floor with Egyptian motifs, and various trick art were displayed on the second floor. A collection of numerous art drawings and trick art such as pictures that look like sculptures, "devil's fork" figures that look different in the upper and lower halves, and famous "daughter and old woman" figures by W. E. Hill It was on display. Kenshu Kazumune died in an accident while drawing the Sistine Chapel in the "Nasu Toriktopia" Michelangelo Hall in November 1997. The fee was 1300 yen for adults, 1000 yen for middle and high school students, and 700 yen for children. Closed on August 31, 2017. It was left unused as of July 2018, but as of May 2019, it is diverted to a construction machine rental store. The unique building, which is itself a trick art, is used as an office and can be viewed from the road.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻