豊川海軍工廠 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

豊川海軍工廠 (Toyokawa Kaigun Kōshō)

豊川海軍工廠(とよかわかいぐんこうしょう)は愛知県豊川市にあった日本の海軍工廠。機銃、弾丸の製造を行った。当時は東洋随一の規模とされた。 1939年(昭和14年)12月15日開廠。1945年(昭和20年)8月7日に激しい爆撃を受け壊滅した。この空襲により、およそ2500名が犠牲となった。再建されることなくそのまま終戦を迎え、1945年(昭和20年)10月5日に廃止された。 現在、跡地は陸上自衛隊豊川駐屯地、日本車輌製造豊川製作所、コニカミノルタ瑞穂サイト、豊川市役所、名古屋大学太陽地球環境研究所、テクノス株式会社などになっている。このうち太陽地球環境研究所の敷地内には、今でも250kg爆弾が落ちた穴や、米軍機に機銃掃射を受けた倉庫などが残っている。年に2回見学会が行われている。

Toyokawa Navy Arsenal

The Toyokawa Navy Arsenal (Toyokawa Kaito Kosho) was a Japanese Navy Arsenal in Toyokawa City, Aichi Prefecture. We made machines and bullets. At that time it was regarded as the largest scale of the Orient. Established on December 15, 1939 (Showa 14). It was destroyed by a heavy bombing on August 7, 1945 (Showa 20). About 2,500 people were sacrificed by this air raid. It was abolished on October 5, 1945 (1945), with the end of the war without being rebuilt. Currently the site is the Ground Self Defense Force Toyogawa Tsunami area, Japan Vehicle Manufacturing Toyokawa Plant, Konica Minolta Mizuho site, Toyokawa City Hall, Nagoya University Taiyo Earth Environment Research Institute, Technos Corporation, etc. Among them, the site of the Taiyo Earth Research Institute still has a hole where 250 kg bomb dropped, and a warehouse that received machine gun sweep by US military aircraft. Tours are held twice a year.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻