野呂山スピードパーク | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

野呂山スピードパーク (Noroyama Supīdo Pāku)

野呂山スピードパーク(のろさんスピードパーク)は広島県呉市安浦町にあったサーキット。 野呂山遊園地がオープンした翌年、1969(昭和44)年10月19日に開設。翌1970(昭和45)年5月5日にオープニングイベントとして全日本ストックカー呉200kmレースが開催された。 1974(昭和49)年に騒音問題やオイルショックなどが重なりサーキットは閉鎖された。 閉業後、跡地はオートキャンプ場に転用されたが、そのキャンプ場も後に閉鎖。 閉業後に一度アスファルトを剥がされた部分が、後年になって不自然に再舗装された形跡が見られるが、経緯不明である。2008年頃に「2009年7月より復活する」と噂されていたため、再開に向けて再整備された時期があった可能性がある。 ピットロードなどの設備の一部およびコース自体は現存している。

Noroyama Speed Park

Norosan Speed Park is a circuit in Yasuura-cho, Kure City, Hiroshima Prefecture. Opened on October 19, 1969, the year after Noroyama Amusement Park opened. The next Japan Stock Car Kure 200km race was held as an opening event on May 5, 1970. In 1974, the circuit was closed due to noise problems and oil shocks. After closing, the site was converted to an auto campsite, but the campsite was also closed later. The part of the asphalt that was once peeled off after closing was re-paved unnaturally in later years, but the circumstances are unknown. Since it was rumored to be “revitalized from July 2009” around 2008, there may have been a period of redevelopment for resumption. Some of the facilities such as the pit road and the course itself still exist.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻