三和リゾート(サンワの森) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

三和リゾート(サンワの森) (Sanwa Rizōto)

三和リゾート(サンワの森)は広島県神石郡神石高原町の複合リゾート施設。県道182号線「三和の森入口」交差点から県道418号線に入ると、各種施設が点在するエリアに入る。「サンワの森リゾート」「三和リゾート」とも呼ばれる。 1991年、<a href="https://haikyo.info/s/15098.html">シトラスパーク瀬戸田</a>やみろくの里等にも関わり福山市に大きな影響を与えている常石ホールディングス(株)が、当時の三和町にホテルを中心としたリゾートとして開業した。 ホテル周辺にテニスコート、ログコテージ、ゴルフ場、アスレチック、レストハウス、チャペル、日本庭園、茶室、焼物工房などを備える総合リゾート施設であった。焼物工房とガラス工房は合わせて「芸術家村」として、育成・体験教室等を行っていた。    また別エリアには、25万平米の丘を利用した牧場(サンワ・ライディングファーム)があり、幌馬車、インディアンのテントであるティピー、乗馬練習キットを模したブランコ等を場内に配しウエスタン風に演出していた。乗馬コースもあり、インストラクターの指導も受けられた。また馬・牛以外にもラマが放し飼いにされていた。 レストハウスにはレストラン、アイスクリームやヨーグルト、バター、ハム等の生産工場、およびそれらの販売店が設けられており、付近ではバーベキューを楽しむこともできた。 レストハウス前の高原エリアには巨大ローラーすべり台を併設した木製アスレチックがあり、すべり台で麓まで降りた後はアスレチックを攻略しながら丘を登り、再びすべり台で降りていく形態になっていた。 中心施設であった「ウインズコートホテル」は2006年に閉鎖。翌年より経営母体である常石グループにより「三和の森リゾート&カンファレンスセンター」として主に研修施設として利用されていたが(一般客の宿泊も可)、2011年にホテル事業強化・ウェディング事業を加え「神石高原ホテル」と改称し、2019年現在も営業している。 ただしウェディング事業は2015年以降は行われていないらしい。チャペルは、住宅地図では少なくとも2004年版まで「教会」の名で記載があり、2018年版では「神石高原ホテルチャペル」となっている。2019年現在、アプローチの両サイドおよび開け放されたままの門周辺に植物が繁茂し、入口前の円形広場も落ち葉や枝に覆われている。建物本体の外壁・柱・正面のステンドグラスに破損は見られないが、木造のため黒ずみが目立つ。清掃も行われていないらしい。 テニスコートはウィンブルドンのものを模した掘り込み式だったが2019年現在は利用されておらず、ラインや審判台は撤去されている。 日本庭園は数種類あったが受付は無人であり、見学はフロントに申し込むことになっている。 「三和カントリークラブ」として営業していたゴルフ場は2007年に解散。売却も検討されていたが、母体の常石グループ従業員の福利厚生施設として再開。2017年に「神石高原カントリークラブ」と改称し、2019年現在は通常の営業になっている。 2019年現在、現役の備前焼工房の奥は管理されていない山道になっており、ナンバーのない軽トラックが停まっている。倒木等を越えて進むと建物が見えてくる。道は2つに分かれており、真っ直ぐ進むと客用の、坂を下りると関係者入口になっている。 関係者入口は開け放されており、入ってすぐにガラス窯がある。建物は全体的に扇形をしており、木製階段で外縁エリアと内縁エリアに分かれている。外縁エリアは全体的には破損・劣化は見られないが、外壁の一部が大きく破損しており、窓枠および外壁が倒壊し内外部に破片が散乱している。内縁エリアは基本的に来客スペースらしく、トイレやコンロ室等があるが、一部にはガラスの原料である珪砂と見られる粉末がむき出しで積まれている。外縁エリアへの階段の一部には、危険のため降りないよう注意書きが貼られている。内縁エリアの2つの開口部の入口近辺の床はどちらも破損しており、床下の空間がむき出しになっている。なお、かつて工房を管理していた職人は現在も尾道のガラス工房にて活躍している。 ライディングファームの事務所は現存するが、アスレチックは撤去されており、レストハウスは閉鎖されている。牧場機能のみが現役で残っている。1996年版の住宅地図によれば「レストハウス」「三和ライディングファーム」の記載があるが、2002年版以降はレストハウスが空白になっている。ライディングファームは2002年以降も記載があったが、2018年版では消滅している(建物は存在している)。 なお、ファームエリアの平原エリアは、1996年に第51回国民体育大会馬術競技場として利用されたほか、2000~2003年には地域のイベントである「サンワふるさとフェア」の一環として開催された「ゼロハンカーレース」の会場ともなっている。 レストハウス周辺は2019年現在、駐車場はひび割れ植物が繁茂しており、奥には伐採した樹木が積まれている。場内にはすっかり色褪せかろうじて文字の読めるラマの説明看板が落ちている。倉庫前は砂だらけになっており、周辺には木製パレットが積まれている。 建物ガラスに破損は見られないが、黒いタイル状シートで覆われた屋根は少なくとも3箇所に大きな陥没・破損部分が見られる。ビニールテントはシートは破れてほぼ骨組みのみになっている。また設置されていた馬車がそのまま放置されている。車体後方にはエンブレムが付けられており、「Carriage Works」というアメリカ企業製であったらしい。レストハウスは、1997年頃に閉鎖されたらしい。 工場部分は通路天井が大きく損壊、木材が床に散乱しているのが確認できる。 ログコテージ部分は2019年現在利用されていないらしいが、2020年を目標に国内外の小学生向けボーディングスクール(全寮制寄宿学校)を開校する計画が進められちえる。一部ログハウスが解体され、既にメインとなる校舎が完成しているのが敷地内通路からも確認できる。現在残っているログハウスは生徒達の寄宿舎として改修され、また周辺のテニスコートやサッカー場もまた同校用の運動場に作り変えられる予定だという。同校の開校にあわせ、放置されたままのレストハウス等に今後何らかの処置が行われる可能性は非常に高い。

Sanwa Resort (Sanwa no Mori)

Sanwa Resort (Sanwa no Mori) is a complex resort facility in Kamiishi Kogen-cho, Kamiishi-gun, Hiroshima Prefecture. When you enter prefectural road 418 from the intersection of prefectural road 182, Sanwa no Mori Entrance, you will enter an area dotted with various facilities. Also known as Sanwa no Mori Resort and Sanwa Resort. In 1991, Tsuneishi Holdings Co., Ltd., which was involved in <a href="https://haikyo.info/s/15098.html">Citrus Park Setoda</a> and Miroku no Sato and had a great influence on Fukuyama City, opened its business in Sanwa-cho at the time as a resort centered on hotels. It was a comprehensive resort facility with tennis courts, log cottages, golf courses, athletic, rest houses, chapels, Japanese gardens, tea rooms, pottery workshops, etc. around the hotel. The pottery workshop and the glass workshop were combined as an "artist village" and were conducting training and experience classes. In another area, there is a ranch (Sanwa Riding Farm) that uses a hill of 250,000 square meters, and a wagon, a tent of Indians, a tippy, a swing that imitates a horse riding exercise kit, etc. It was directing. There was also a horse riding course and instruction from an instructor was also received. Also, besides horses and cattle, llamas were kept free. The rest house is equipped with restaurants, factories for producing ice cream, yogurt, butter, ham, etc., and their retailers, and was able to enjoy barbecue nearby. There was a wooden athletic with a huge roller slide in the plateau area in front of the rest house, and after descending to the foot of the slide, climbing the hill while capturing the athletic, then descending again on the slide. The Winds Court Hotel, the main facility, closed in 2006. The following year, the Tsuneishi Group, which is the parent company of the business, used it as a training facility mainly as a "Miwa Forest Resort & Conference Center" (general guests are also allowed). Renamed to "Kamiishi Kogen Hotel" and is still open as of 2019. However, there seems to be no wedding business since 2015. The chapel is listed under the name of "church" on at least the 2004 edition of the house map, and is named "Shinishi Kogen Hotel Chapel" in the 2018 edition. As of 2019, vegetation is growing on both sides of the approach and around the open gate, and the circular square in front of the entrance is also covered with fallen leaves and branches. No damage is found on the exterior walls, pillars, and stained glass on the front of the building, but the darkening is noticeable due to the wooden structure. Apparently no cleaning has been done. The tennis courts were dug-ups, imitating Wimbledon's, but are not in use as of 2019, and the lines and umpire have been removed. There were several Japanese gardens, but the reception was unmanned and tours had to be applied at the reception. The golf course, which had been operating as Sanwa Country Club, was dissolved in 2007. The sale was being considered, but the facility was reopened as a welfare facility for employees of the parent Tsuneishi Group. The name was changed to "Kamiishi Kogen Country Club" in 2017, and as of 2019 it has been operating normally. As of 2019, the back of the active Bizen pottery workshop is an unmanaged mountain road, where unlicensed light trucks are parked. When you go over a fallen tree, you will see the building. The road is divided into two sections, going straight for customers, and going downhill to enter the stakeholders. The official entrance is open and there is a glass kiln as soon as you enter. The building is fan-shaped overall and is divided by wooden stairs into an outer edge area and an inner edge area. Although the outer edge area is not damaged or deteriorated as a whole, a part of the outer wall is greatly damaged, the window frame and the outer wall are collapsed, and fragments are scattered inside and outside. The inner rim area is basically a visitor space, with toilets, stove rooms, etc., but some of them are barely loaded with powder that can be seen as silica sand, a raw material for glass. A cautionary note is stuck on part of the stairs to the outer rim area to avoid getting down due to danger. Both floors near the entrance to the two openings in the inner rim area have been damaged, exposing the space below the floor. The craftsman who once managed the studio is still active in the glass studio in Onomichi. The riding farm office remains, but the athletic has been removed and the rest house has been closed. Only the ranch function remains active. According to the 1996 edition of the house map, "rest house" and "Sanwa riding farm" are described, but since the 2002 edition, the rest house is blank. The riding farm has been mentioned since 2002, but it has disappeared in the 2018 edition (the building still exists). The plain area of the farm area was used as an equestrian stadium in the 51st National Athletic Meet in 1996, and was held as part of the local event "Sanwa Furusato Fair" from 2000 to 2003. It is also the venue for the Zero Hanker Race. As of 2019, the parking lot is full of cracked plants around the rest house, and felled trees are piled in the back. In the hall, there is an explanation sign of a llama who can barely read the text. There is sand in front of the warehouse, and wooden pallets are piled up around the warehouse. The building glass is not damaged, but the roof covered with black tiled sheets has at least three large depressions and breaks. In the vinyl tent, the sheet is torn and is almost only framed. In addition, the carriage that was installed is left as it is. An emblem is attached to the rear of the vehicle, which seems to have been made by an American company called "Carriage Works". The rest house seems to have been closed around 1997. In the factory, the aisle ceiling was greatly damaged, and wood was scattered on the floor. The log cottage seems not to be used as of 2019, but plans to open a boarding school for elementary school students in Japan and abroad (boarding boarding school) by the end of 2020 can be advanced. The log house has been partially dismantled and the main school building has already been completed. The remaining log house will be renovated as a dormitory for students, and the surrounding tennis court and soccer field will also be converted into a playground for the school. It is very likely that some measures will be taken in the abandoned rest houses, etc. in accordance with the opening of the school.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻