ヘルシーリゾート・サングリーン | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

ヘルシーリゾート・サングリーン (Herushīrizōto・sangurīn)

ヘルシーリゾート・サングリーンは広島県尾道市の複合宿泊・飲食施設。因島北部、県道366号線沿いの小高い丘にあり、海を見下ろす立地であった。 1989年以後と見られる。 南太平洋の島々をイメージしたオートキャンプ主体のキャンプ場で、オート台数20台のほか、バンガローが5棟あった。バンガローの利用料金は3,500円、トレーラーハウスが一人3,500円、オートサイト2,000円、テントサイト1,000円であった。 閉業時期不詳ながら、2010年6月時点で「廃墟状態」との言及が見られ、2007年8月のブログにおける写真では普通に駐車された車が見え入口も閉鎖されていないことから、2008年前後に閉業した可能性が高い。ただしキャンプ場であるため、オフシーズンであった可能性もある。 2010年時点では入口前に「オートキャンプ」「宿泊」「自動 飲食24(自販機?)」「お食事」「モアイ」等が書かれた柱状の看板があったが、2011年9月までに撤去されている。 2019年8月時点で、道路側の入口はロープにて閉鎖され、ビーチ側の入口に一箇所入ることが出来る階段があるが、それ以外は「私有地につき立入禁止」との立て札が設置されている。 看板跡の脇に施設名の書かれたポールがあるが、色が完全に薄れてしまい文字の輪郭のみが残っている。 施設の多くは大きな破損・劣化はあまり見られず、木材・機材等が積まれている場所もあるが、整然としており散乱した状態ではない。事務所・管理棟、コテージも比較的綺麗な状態で、ガラスやドア・壁にも破損は見られない。 コテージ群の奥から丘に登るとキャンプ場になっており、オートキャンプ場だったため四角い枠と「テント」「車」と貼られたブロックが残されているが、往時はテントもあったと見られる。 頂上にはドームと展望台があり、ドームは金属のフレームのみが残されており用途不明。これらはビーチ側からも見ることができる。 最大の特長として、入口に置かれた「親子モアイ像」がある。御影石製で、高さは4~2.3m。愛媛県越智郡宮窪町を拠点に活動している彫刻家・宮内宏氏が、「'89海と島の博覧会」のサブ会場「因島フラワーセンター会場」に出品し、海島博後に、南の島をイメージして整備が進められていたサングリーンにシンボルとして移設された。非常に目立つことから、「因島のモアイ」としてネット上でも広く言及され、珍スポットとして愛されている。なお、入口には他にも恵比寿様と大黒様の像があるが、こちらの出自は不明である。1998年1月時点ではモアイ像しかなく、1999年5月までに大黒像などが追加されている。 なお、ヘルシーリゾート・サングリーンの近くにある「因島アメニティ公園」(現役施設)の敷地内には、巨大なブロントサウルスと見られる恐竜像、通称「ザウル君」が設置されているが、これはモアイ像と同作者によるものであり、博覧会会場にあったものだという。博覧会終了後は、同じく近所の因島大橋記念公園に作られた「チビッコランド」(木製アスレチック)そばに置かれていたが、しまなみ海道開通(1999年)を機に現在の場所に移動されている。 サングリーンのキャンプ場部分には、人間サイズの恐竜像と解説パネルがあちこちに置かれており、真っ白で目が赤いという共通点から、「ザウル君」と同作者によるものと見られ、モアイ像とともに貰いうけたものと推測される。

Healthy Resort Sun Green

Healthy Resort Sun Green is a complex accommodation and dining facility in Onomichi City, Hiroshima Prefecture. Located in the north of Innoshima, on a small hill along prefectural road 366, overlooking the sea. Seen after 1989. This is a campground based on auto camps, inspired by the South Pacific islands. There were 20 autos and 5 bungalows. The usage fee for the bungalow was 3,500 yen, the trailer house was 3,500 yen per person, the auto site was 2,000 yen, and the tent site was 1,000 yen. Although it is unknown about the closing time, as of June 2010, it was mentioned that it was in a ruined state, and in the photo in the August 2007 blog, a normally parked car was seen and the entrance was not closed. There is a high possibility of closing before and after. However, because it is a campsite, it may have been off-season. As of 2010, there was a pillar-shaped sign with "Auto Camp", "Accommodation", "Automatic Food and Drink 24 (Vending Machine?)", "Meal", "Moai" etc. written in front of the entrance, but it was removed by September 2011 Has been. As of August 2019, the road side entrance is closed with a rope and there is a staircase that can enter one place at the beach side entrance. Yes. There is a pole with the name of the facility beside the sign, but the color is completely faded and only the outline of the characters remains. Many of the facilities do not show much damage or deterioration, and there are places where timber and equipment are stacked, but they are orderly and not scattered. The office / administration building and cottage are also relatively clean, and there is no damage to glass, doors or walls. Climbing the hill from the back of the cottage group, it becomes a campsite, and because it was an auto campground, a square frame and a block with `` tent '' `` car '' stuck are left, but in the past it seems that there was a tent . There is a dome and an observatory on the top, and only the metal frame remains on the dome. These can also be seen from the beach side. The biggest feature is the “parent-child moai statue” placed at the entrance. Made of granite, the height is 4 to 2.3m. Hiroshi Miyauchi, a sculptor based in Miyakubo-cho, Ochi-gun, Ehime Prefecture, exhibited at the Innoshima Flower Center Venue of the '89 Sea and Island Exposition '. It was moved as a symbol to Sun Green, which had been developed in the image of the island. Because it is very conspicuous, it is widely referred to on the net as “Inai Moai” and is loved as a rare spot. There are other statues of Ebisu and Daikoku at the entrance, but their origin is unknown. As of January 1998, there are only Moai statues, and Daikoku statues have been added by May 1999. In addition, there is a dinosaur statue known as a giant brontosaurus, commonly known as “Sauru-kun,” in the grounds of “Innoshima Amenity Park” (active facility) near the healthy resort Sun Green. According to Moai statue and the same author, it was said to have been at the exposition. After the expo, it was placed near “Chibico Land” (wooden athletics), which was also made in the neighboring Innoshima Ohashi Memorial Park, but was moved to the current location when Shimanami Kaido was opened (1999). Yes. The Sun Green campsite has human-sized dinosaur statues and commentary panels everywhere, and from the common point that it is pure white and red eyes, it seems that it is attributed to "Sauru" and the same author, Moai statue It is presumed that he was able to go with him.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻