グリーンピア安浦 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

グリーンピア安浦 (Gurīmpia Yasūra)

グリーンピア安浦は広島県呉市の複合宿泊・飲食・研修および遊戯施設。県道185号線から465号線に入り、海沿いに走るとオブジェ状の巨大看板が見えてくるため、山道を登っていくと到着する。 1980年から年金事業団によって全国に13箇所設置された大規模年金保養基地の一つだった。しかし計画性のない経営および資金投入により財政難に陥り、2001年、2005年までに廃止することが閣議決定され(同年12月に全ての施設の譲渡・廃止が終了)、「グリーンピア安浦」も2005年6月に呉市に譲渡された。その後「グリーンピアせとうち」と改称し民間業者を指定管理者として運営されていたが、2017年に経営難による賃金および電気代等の未払いが発覚し、民間業者からの呉市提訴(リニューアルの義務を怠った、等)を経て、ついに同年6月に閉鎖された。 その後いわゆる「休暇村グループ」が経営を引き継ぎ、2017年9月より再開。ホテル、レストラン「瀬戸内マルシェCafe」、プール(夏季のみ)、テニスコートは現役営業しているが、「こどもの国プレイランド」、各種スポーツを楽しめた「レインボーホール」、ボート遊びのできた池、遊覧船が出ていたターミナルおよびハーバー部分を含むエリアは終日閉鎖され、利用できなくなっている。なお、閉鎖前から「こどもの国」の一部遊具やアトラクションは休止されていた。 2019年11月現在、かつて入場料を払って入っていた駐車場手前のゲートは入場可の信号も停まったままで、料金所の横をそのまま通過して駐車場に向かうようになっている(出る際は専用の道あり)。駐車場には使われていない運搬車が置かれており、周辺は野良猫のたまり場になっているようである。 ホテル横の研修施設を抜けると「こどもの国」エリアへの下り坂道が始まっている。その直前に目玉の一つだったローラー式すべり台のゲートが現れるが、板で封鎖されており入ることはできない。奥を見るとすべり台本体の開始口が見える。 「こどもの国」エリアへの坂道は封鎖され入ることができないが、付近のキャンプ場(同じく閉鎖されている)から伸びているハイキングコースを利用し山を越えれば、ハーバーエリアに出ることができる。 ボートの浮かんだ池と海に挟まれた道を進むと、橋のかかった港(かつて遊覧船が出ていた)に出るが、ここには大河ドラマ「平清盛」にて海戦シーン撮影に使われた宋船レプリカが係留されている。船はあちこち破損しているが、放置されているためか撮影によるものかは判別できない。 港を離れ進むと遊覧船のターミナルに着く。ブロックや備品、なぜか老人用の手押し車等が散乱しており、チケット売場はシャッターが下りている。 ターミナルを出ると「平清盛」に使われた小型船が展示されている(衣装類はホテル内にあるらしい)。付近には噴水とボートのチケット売場があるが、どちらも色褪せコード類等が纏められている。 フェニックス(ヤシ)が植えられた道を進むとバレー、バドミントンができたレインボーホールに到着する。ホール内は一部ブルーシートが敷かれ重しのブロックが置かれているほかは大きな破損・劣化は見られない。なお、ここでは他に「エスキーテニス」なる羽根突きボールをラケットで打ち合う広島発祥の競技もできたらしい。 ホール前を過ぎると「プレイランド」エリアに入る。最初に見えてくるのはいわゆるスカイサイクルのレールで、その前に「シーサイドテラス」なる建物が見える。一種の食堂だったらしく、カレー等の品書きが散乱している。 その後のトイレを過ぎると、スカイサイクルのターミナルに着く。1Fの受付には「こどもの国」休業のお知らせが貼られている。その期間は既に過ぎているが、再開はされなかったようである。 階段を上がるとスカイサイクルのレールと停められたサイクルが数台停まっているが、うち1台はレールから外れ転がされ、いくつかのパーツは周囲に散乱している。サイクルそのものは普通に利用できそうな状態である。付近には複数人用の新幹線型乗物とファミリーサイクル(おそらく「変わり自転車」のコーナーか)、ゴーカートのコースがある。 しばらく進むとジェットコースター含む様々なアトラクションコーナーに入る。ジェットコースターは「チャイルドコースター」を名乗るだけあって距離と高度は大したことはなく、トランポリンとボールプールコーナーまでをぐるりと囲んでいる。ボールプールからボールは撤去され、トランポリンは金属のフレームのみが残っている。どちらのテントも屋根が破れ垂れ下がっている。 付近には「プレイランド料金表」の看板があり、かつては「サファリーペット(ウサギ等のふれあいコーナー?)」「ミニ・メリーゴーランド」「ファーファーくまさん(イベント会場にあるような風船式トランポリンか)」等の遊具があったことがわかる。 これらを出るとローラーすべり台の降り口(乗り口と違い閉鎖はされていない)が現れる。横の坂道に沿ってすべり台を見ていくと、安全のため掛けられていたカバーが複数個所にわたって破れており、本体がむき出しになっていた(本体自体にもフレームが付けられている)。坂道を登りきると先ほどの研修施設の横に出る。 この他、ホテル前の坂道を下りていくとさらに駐車場があり、その奥から海沿いに進むとプールエリアに入るらしいが、夏季のみのため通行禁止になっている。この近辺の駐車場には「グリーンピア安浦」の旧称が書かれており、改名後は使われていないことがわかる。

Green Pier Yasuura

Greenpia Yasuura is a complex accommodation, eating and drinking, training and amusement facility in Kure City, Hiroshima Prefecture. Enter Prefectural Road 185 to Route 465. Drive along the sea and you will see a huge signboard in the shape of an object. It was one of the large pension recreation bases established by the Pension Service Corporation in 13 locations nationwide since 1980. However, due to unplanned management and capital input, the government suffered financial difficulties. The Cabinet decided to abolish the facilities by 2001 and 2005 (the transfer and abolition of all facilities was completed in December of the same year). Was also transferred to Kure City in June 2005. After that, the company was renamed "Greenpia Setouchi" and was operated by a private company as a designated manager. And finally closed in June of the same year. Later, the so-called Kyukamura Group took over the management and resumed in September 2017. The hotel, restaurant "Setouchi Marche Cafe", pool (only in summer) and tennis courts are currently in operation, but "Kodomo no Kuni Playland", "Rainbow Hall" where you can enjoy various sports, a pond where you can enjoy boating, a pleasure boat The area, including the terminal and harbor area, which had been closed, was closed all day and is no longer available. Before the closure, some playground equipment and attractions in Children's Land were suspended. As of November 2019, the gate in front of the parking lot, which used to pay the entrance fee, has passed the toll booth to the parking lot without passing the signal that admission is allowed ( There is a dedicated road when you leave). Unused trucks are placed in the parking lot, and the surrounding area seems to be a haunt for stray cats. After passing through the training facility next to the hotel, the downhill road to the "Children's Country" area has begun. Just before that, a roller slide gate, one of the highlights, appears, but it is blocked by a board and cannot be entered. Looking into the back, you can see the opening of the slide body. The slope to the "Children's Country" area is blocked and cannot be entered, but you can go to the harbor area by crossing the mountain using the hiking course extending from the nearby campsite (also closed). . Follow the road between the pond where the boat floats and the sea, and you will come to a port with a bridge (formerly a pleasure boat), which is used for shooting naval battle scenes in the taiga drama "Hira Kiyomori". A damaged Song ship replica is moored. Although the ship is damaged everywhere, it is not possible to tell if it has been abandoned or if it was due to photography. Leave the port and you will reach the terminal of the pleasure boat. Blocks and equipment, somehow a wheelbarrow for the elderly are scattered, and the ticket booth has a shutter down. When you leave the terminal, a small boat used for "Hira Kiyomori" is on display (the costumes seem to be in the hotel). There are fountains and boat ticket counters nearby, both of which have faded codes and the like. Follow the road where the phoenix was planted, and you will arrive at the rainbow hall where the valley and badminton were built. There is no significant damage or deterioration in the hall except for some blue sheets and heavy blocks. In addition, it seems that there was also a Hiroshima-originated competition where you hit a racquet against a winged ball called "eski tennis". After passing the hall, you will enter the "Playland" area. The first thing you'll see is the so-called Sky Cycle rail, in front of which you can see a building called the Seaside Terrace. It seems to be a kind of dining room, and curry and other goods are scattered. After the restroom, you arrive at the Sky Cycle terminal. At the reception on the 1st floor, a notice of “Children's Country” closure is posted. It seems that the period has already passed, but has not been resumed. Ascending the stairs, the Sky Cycle rail and several parked cycles are stopped, one of which is off the rail and some parts are scattered around. The cycle itself is likely to be available. Nearby are multi-person bullet trains, a family cycle (perhaps a "change bike" corner), and a go-kart course. After a while, you will enter various attractions including roller coasters. The roller coaster is just a child coaster, and its distance and altitude are not significant. It surrounds the trampoline and the ball pool corner. The ball has been removed from the ball pool and the trampoline has only a metal frame. Both tents have a torn roof. There is a sign of "Playland price list" nearby, and it used to be "Safari pet (contact corner for rabbits etc.)" "Mini merry-go-round" "Farfar Kuma" It can be seen that there were playground equipment such as "". When you leave these, the exit of the roller slide (not closed unlike the entrance) appears. Looking at the slide along the side slope, the cover that had been hung for safety was torn in several places, and the main body was exposed (the main body itself was also framed). After climbing the hill, you will come out next to the training facility. In addition, there is a parking lot further down the slope in front of the hotel, and it seems that when going along the sea from the back, it enters the pool area, but it is closed for summer only. The old name of "Greenpia Yasuura" is written in the parking lot near this area, and it can be seen that it is not used after the name change.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻