キャンパーズ・インしまなみ(CAMPERS INNしまなみ、瀬戸田キャンプグランド) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

キャンパーズ・インしまなみ(CAMPERS INNしまなみ、瀬戸田キャンプグランド) (Kyampāzu・in Shima Nami)

キャンパーズ・インしまなみ(CAMPERS INNしまなみ、瀬戸田キャンプグランド)は広島県尾道市にある生口島(いくちじま)のキャンプ場。県道317号線(生口島環状線)沿い、生口島南ICより東に進むと右手に位置し、海岸に近接している。 1989~1999年に開業。かつての母体であるKOA(Kampgrounds of America)の設立は1962年。KOA JAPANおよび国内第一号のキャンプグランド設立は1992年であるため、瀬戸田キャンプグランドは1992~1997年に開設されたものと見られる。 KOAは1962年アメリカはモンタナ州にて設立されたキャンプ場グループで、2006年末、KOA JAPANはアメリカ本社とのフランチャイズ契約を終了し、CANPERS INNグループとして5店舗(当時)として再出発している。瀬戸田キャンプグランドも「CAMPERS INNしまなみ」として再出発したが、場内の看板はKOA時代のものをそのまま使用しており、「GATE CLOSED」等全て英語で書かれていた。なお、CANPERS INNグループは後にこの瀬戸田と静岡が閉鎖されたため3店舗が残り、現役営業している。 瀬戸田キャンプグランドはキャビンハウスは、団体用が3棟、家族4人向け用が12棟を備え、キャビンハウスへの宿泊がメインであり、テントサイトは2箇所のみであった。ハウスタイプのため通年オープンしており、家族用は一泊辺り13,650円(消費税5%時)だった。家族用キャビンは、入口に木製ブランコが設置されていた。 閉業時期不詳ながら、2009年末頃の個人ブログにて利用レポートがあるため、閉鎖はそれ以降と見られる。ただし2018年10月のGoogle Mapsには入口に中型バスが停まっているのが見える(側面等は見えず、当物件所有かは不明)。2019年11月現在、campers-innグループのホームページからは削除されているため、少なくとも閉鎖されている事は間違いない。宿泊料が消費税5%で計算されていることから2014年以前と推測される。 2019年11月時点で、道路からは管理事務所と樹木に覆われた「KOA」の大きな看板が見える。入口は枝や葉に覆われ、かつて張られていたと見られるロープは端に固まっている。通路右端にはロゴマーク入りのダストボックスが並び、樹木やツタに覆われている。 入ってすぐ左に事務所棟があるが、入口までのアプローチは植物が繁茂し、階段には布団らしきものが落ちている。2階ベランダへ上るための外部階段は崩れてしまっており、その横には木材や備品類が山となって積まれている。 キャビンハウスの窓ガラスにはほとんど破損は見られないが、外壁・階段・柱は木製のため黒ずみ、場所によっては剥離・倒壊している。キャビン周辺には木製ベンチが設置されているが、倒壊したり植物に覆われている。団体用キャビンハウスの前には、どこのものかは不明だが取り外された階段が放置されている。 海岸沿いにはあまり高くない木製の柵があるが、複数個所に渡って破損しており柱のみが残っている場所もある。

Campers Inn Shimanami (CAMPERS INN Shimanami, Setoda Campground)

Campers Inn Shimanami (CAMPERS INN Shimanami, Setoda Campground) is a campsite on Ikuchijima Island in Onomichi City, Hiroshima Prefecture. Along Prefectural Route 317 (Ikuchijima Loop Line), it is located on the right hand side east of Ikuchijima Minami IC, close to the coast. Opened from 1989 to 1999. The former mother, KOA (Kampgrounds of America), was established in 1962. Since KOA JAPAN and the first campground in Japan were established in 1992, the Setoda Campground is likely to have been established between 1992 and 1997. KOA is a campsite group established in Montana, USA in 1962. At the end of 2006, KOA JAPAN terminated its franchise agreement with the US headquarters and has reopened as a CANPERS INN group with 5 stores (at that time). The Setoda Campground also re-started as "CAMPERS INN Shimanami", but the signboards in the hall were exactly the same as those of the KOA era, and "GATE CLOSED" etc. were all written in English. The CANPERS INN Group has three stores remaining after Setoda and Shizuoka were later closed, and is currently operating. Setoda Campground has three cabin houses for groups and 12 for four families, mainly staying in the cabin house and only two tent sites. It is open all year for the house type, and the price for families is 13,650 yen per night (5% consumption tax). The family cabin had a wooden swing installed at the entrance. Although the closing time is unknown, it is likely that the closing will occur after a personal blog around the end of 2009 due to a usage report. However, Google Maps in October 2018 shows a medium-sized bus stopped at the entrance (no side, etc., so it is unknown whether the property is owned). As of November 2019, it has been removed from the campers-inn group's homepage, so it's at least closed. It is presumed to be before 2014 because the room charge is calculated at 5% consumption tax. As of November 2019, the road can be seen from the road with a large signboard of "KOA" covered by a management office and trees. The entrance is covered with branches and leaves, and the rope, which appears to have been stretched, is hardened at the end. Dust boxes with the logo are lined up at the right end of the aisle and are covered with trees and ivy. Immediately after entering, there is an office building, but the approach to the entrance is full of plants, and stairs seem to be futons. The outer stairs to the veranda on the second floor have collapsed, and beside it are piles of wood and furniture. The window glass of the cabin house is hardly damaged, but the outer walls, stairs and pillars are darkened due to the wood, and in some places they have peeled or collapsed. Wooden benches are installed around the cabin, but they are collapsed or covered with plants. In front of the group cabin house, the stairs have been left unidentified but removed. There is a not-so-high wooden fence along the coast, but there are some places that are damaged in multiple places and only pillars remain.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻