みろくの里文化ホール・本多劇場 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

みろくの里文化ホール・本多劇場 (Miroku No Sato Bunka Hōru Hondagekijō)

みろくの里文化ホール・本多劇場は広島県福山市の劇場施設。 建物自体は1966~1975年に建築。 <a href="https://haikyo.info/s/9395.html" target="_blank">一日座禅堂</a>などと同様に、総合レジャー施設「みろくの里」の関連施設であったと見られる。 住宅地図では1989年の時点では「神原観光」であり、翌90年には「第一集会場」となり、92年版にて建物全体が「本多劇場」となるため、開業は1991~1992年となる。 一時名称が「みろくの里文化ホール」になるも、2007年に「文化ホール」と「本多劇場」が併記される。その後2017年版にて空白となるが、それまでどの程度営業を行っていたかは不明である。なお、「本多劇場」は東京都世田谷区に本部を置く劇場経営グループで、現役企業である。 なお1996年には右側の事務所部分が「(株)ボア・ドゥ・アーみろくの里」になる。同社は常石造船の子会社であり、それまでは近接する元センタープラザ東館内にて版画工房を営んでいた。2007年には染織工房を加え、2009年に「グローカル福山」と改称し現在も営業している。なお、センタープラザの半分は後に「神勝寺焼工房」(現役施設)になり、もう半分は解体され廃棄物処理センターとなっている。 かつて同じく常石グループが経営していた「マリンパーク境ヶ浜」(1999年に閉鎖)付近にあった「アンクル船長の館」(船の絵で有名な柳原良平氏のリトグラフ等が展示されていた。2009年閉鎖)を経営していたのがこのボア・ドゥ・アーである。 2019年11月現在、外壁やガラス等に破損はないが、明らかに不使用とわかるほどに黒ずみ、亀裂からは染み出したカルシウムが垂れ下がっている。劇場らしく出入り口は左右にあるが、どちらも施錠され、内部には掃除用具や段ボール等の備品が積まれており奥は窺えない。出入り口の間の外壁には催し物の看板が張られていたらしいが、現在はほぼ撤去され、「即興演奏」を売りにしていたオーケストラグループのもののみが残されており、床にはブルーシートに覆われたリングブロー(送風機)が箱入りのまま放置されている。 階段を上がったところには「本多劇場」の大きな看板がそのまま残されている。 先述通り、隣は版画工房と染織工房が現役で営業しており、従業員のものと見られる自動車が停められている。

Miraku no Sato Cultural Hall, Honda Theater

Miraku no Sato Cultural Hall Honda Theater is a theater facility in Fukuyama City, Hiroshima Prefecture. The building itself was built between 1966 and 1975. <a href="https://haikyo.info/s/9395.html" target="_blank">Like the one-day zazen-do</a> , it seems to be a related facility of the comprehensive leisure facility "Miroku no Sato". The house map was “Kanbara sightseeing” as of 1989, and became the “First Meeting Room” in the following 1990, and the entire building became the “Honda Theater” in the 1992 edition. Becomes The name is temporarily "Miroku no Sato Cultural Hall", but in 2007, "Culture Hall" and "Honda Theater" are both listed. After that, it will be blank in the 2017 version, but it is unknown how much business has been done until then. Honda Theater is a theater management group headquartered in Setagaya-ku, Tokyo, and is an active company. In 1996, the office on the right side became “Boa de A Mirakurosato”. The company was a subsidiary of Tsuneishi Shipbuilding, and previously operated a print studio in the nearby former center plaza east hall. In 2007, a dyeing and weaving workshop was added. Half of the center plaza later became the Shinsho-ji ware studio (active facility), and the other half was dismantled to become a waste treatment center. "Uncle Captain's House" near the Marine Park Sakaigahama (closed in 1999), which was also managed by the Tsuneishi Group, where lithographs by Mr. Ryohei Yanagihara, famous for paintings on ships, were exhibited. The company was run by Boa de Aur (closed in 2009). As of November 2019, there is no damage to the outer wall or glass, but it is darkened to the extent that it is clearly unused and calcium seeps from the cracks. The entrance is on the left and right like a theater, but both are locked, and cleaning equipment and cardboard etc. are loaded inside, so you can not see the back. It seems that the signboard of the entertainment was put on the outer wall between the entrance and exit, but now it has been almost removed and only those of the orchestra group that sold `` improvised music '' are left, and the floor is covered with blue sheets. The broken ring blow (blower) is left in the box. The big signboard of "Honda Theater" remains on the stairs. As mentioned earlier, the print studio and the dyeing and weaving studio are in operation next to each other, and there is a car parked that seems to belong to employees.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻