京山ロープウェー遊園(岡山スカイガーデン) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

京山ロープウェー遊園(岡山スカイガーデン) (Kyōyama Rōpuwē Yūen)

京山ロープウェー遊園(きょうやまロープウェーゆうえん)は、かつて岡山市にあった岡山電気軌道経営の遊園地である。 1956年7月18日にオープン。景気の低迷などにより年間入場者数は激減し、1998年9月6日閉鎖。翌年、岡山スカイガーデンとしてスタートしたが、老朽化により2007年5月6日限りで閉鎖されることとなった。 跡地では2010年12月の稼働開始を目指し、産業技術総合研究所と両備ホールディングスが集光型太陽光発電システムを建設することになり、ロープウェーや山頂の遊園施設の解体工事が進められている。しかし、シンボル的存在であった京山タワーは太陽光発電による植物工場に生まれ変わり存続する予定である。

Kyoyama Ropeway amusement park (Okayama sky garden)

The Kyoyama Ropeway amusement park (Kyoya Ropeway Yuen) is an amusement park of Okayama Electric orbit once in Okayama City. It opened on July 18th 1956. The number of visitors per year has drastically decreased due to the economic downturn, etc. It closed on September 6, 1998. The following year, I started as Okayama Sky Garden, but due to aging it was closed as long as May 6, 2007. At the site, in order to start operation in December 2010, AIST and Binho Holdings will construct a concentrating photovoltaic power generation system, dismantling work of ropeway and mountaintop amusement facility is proceeding. However, the symbolic Kyoyama Tower is scheduled to reborn as a plant factory by solar power generation.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻