ホテル・ラ・レインボー | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

ホテル・ラ・レインボー (Hoteru・ra・reimbō)

ホテル・ラ・レインボーは、岡山県倉敷市の廃ホテル。「ラ・レイン○ー」「虹色ホテル」等として紹介されていることもある。 1988年(昭和63)年、瀬戸大橋開通後の観光客の増加を見込んで建設された。世界一の高さを誇る回転式展望塔を供えた。しかし、瀬戸大橋開通後の客足は思ったより伸びず、バブル崩壊も後押しし、1997(平成9)年11月閉館。 2013年に解体作業が始まったとの情報もあったが、2017年現在現存する。 民家や現役ホテルと隣接しており、厳重に管理されている。 立入禁止看板には「罰金五万円」の記述が見られる。

Hotel · La Rainbow

Hotel · La · Rainbow is a waste hotel in Kurashiki-shi, Okayama Prefecture. There are cases sometimes introduced as "La · rain ○ ○" · "Rainbow color hotel" etc. In 1988, it was built in anticipation of an increase in the number of tourists after opening the Seto Ohashi bridge. We provided a rotating observation tower boasting the world's highest height. However, after the Seto Ohashi Bridge opened, the customer service fee did not grow faster than expected, boosted the collapse of the bubble, closed in November 1997. There was also information that the dismantling work began in 2013, but it will survive as of 2017. It is adjacent to a private house or an active hotel and is strictly managed. A sign of "fine 50,000 yen" can be seen on the signboard.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻