西濃鉄道昼飯線(金生山) | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

西濃鉄道昼飯線(金生山) (Seinō Tetsudō Hirumeshi Sen)

西濃鉄道昼飯線(ひるいせん)は、かつて岐阜県大垣市の美濃赤坂駅から昼飯駅までを結んでいた西濃鉄道の鉄道路線である。石灰石輸送を目的に敷設された。 1928年(昭和3年)12月17日、美濃赤坂 - 昼飯間が開業。2006年(平成18年)年度全線廃止。レールは剥されずに残存している。 また西濃鉄道市橋線の市橋駅も廃駅となっている。1928年(昭和3年)12月17日開設。2006年(平成18年)3月31日、猿岩 - 当駅間廃止に伴い廃駅。線路以外の施設はすべて撤去されている。 市橋駅付近には、金生山の使用されなくなった石灰岩鉱山施設が見られる。ただし、金生山自体は現役の鉱山である。 昼飯駅跡にはワ108の廃車体が見られる。

Seino Railway Lunch Line (Kim Jung)

Seino Railway Day Line (Hiyasujin) is the railway route of the Seino Railroad, which used to connect the Mino Akasaka station in Ogaki City, Gifu Prefecture, to the lunch station. It was laid to transport limestone. 1928 (Showa 3 year) On December 17, Mino Akasaka - lunch break started. Abolition of all lines in 2006 (Heisei era 2006). The rail remains without being stripped. In addition, Ichihashi station of the Seinobashi line of Seino Railway is also a waste station. 1928 (Showa 3 year) December 17 opened. 2006 (Heisei era 2006) March 31, Saruwa - This station abolished with the abolition of this station. All facilities except railroad tracks have been removed. In the vicinity of Ichibashi station, there are limestone mining facilities which Kosozan no longer used. However, Kanamoto itself is an active mine. At the luncheon station ruins 108 scrap car bodies can be seen.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻