丸山ダム骨材プラント | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

丸山ダム骨材プラント (Maruyama Damu Bone Zai Puranto)

丸山ダム骨材プラントは、岐阜県加茂郡八百津町にある骨材プラントの跡地。「MY骨材」等として紹介されていることもある。 1955年に完成した国内初の100m級ダムである丸山ダム建設する際に使われ、日本初の骨材プラントであると言われている。 正式には骨材散布塔といい、ダムを作るためのコンクリートに必要な骨材(石)を大きさ別に保存するものである。 2010年までは残っていたが、2013年までに解体された。

Maruyama dam aggregate plant

Maruyama Dam Aggregate Plant is the site of Aggregate Plant located in Yaotsu-cho, Kamo-gun, Gifu Prefecture. "MY aggregate" and others are introduced as such. It is said to be the first aggregate plant in Japan to be used for construction of the Maruyama dam which is the first 100 m class dam in the country completed in 1955. Formally it is called aggregate scattering tower and preserves aggregate (stone) necessary for concrete for making dam, by size. It remained until 2010, but it was dismantled by 2013.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻