南三陸シーサイドパレス | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

南三陸シーサイドパレス (Minami Sanriku Shīsaido Paresu)

南三陸シーサイドパレス(みなみさんりくシーサイドパレス)は、かつて宮城県本吉郡本吉町(現在の気仙沼市)にあったレジャー施設である。 1972年に遊園地とホテルとしてオープン。遊園地のアトラクションは、メリーゴーランド、ゴーカート、観覧車、スカイジェット、コーヒーカップなどがあった。1975年に経営者が変わった後、経営難で1980年代に閉鎖された。 その後遊園地の遊具類は撤去され、ホテルの建物のみが残っていた。 2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には大きな20m級の津波が直撃し、建物は残ったが、周囲の松林と小泉海水浴場は消滅し、建物自体が河口から太平洋にせり出した形となった。 倒壊の危険性が高いことから2015年(平成27年)6月下旬に解体された。

Minami Sanriku Seaside Palace

Minami Sanriku Seaside Palace (Minami-san Riku Seaside Palace) is a leisure facility that once existed in Motoyosho-machi, Miyagi prefecture (present Kesennuma-shi). Opened as an amusement park and hotel in 1972. Amusement park attractions include merry-go-round, go-kart, Ferris wheel, Sky Jet, coffee cup and so on. After management changed in 1975, it was closed in the 1980s due to management difficulties. After that the playground equipment of the amusement park was removed and only the building of the hotel remained. In the Great East Japan Earthquake that occurred on March 11, 2011, a large 20 m class tsunami hit directly and the building remained but the surrounding pine groves and the Koizumi beach area disappeared and the building itself touched the estuary from the estuary into the Pacific Ocean It became shape. It was dismantled in late June 2015 (Heisei 20) because of the high risk of collapse.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻