針インターチェンジ旧道 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

針インターチェンジ旧道 (Hari Intāchenji Kyūdō)

針インターチェンジ旧道は奈良県奈良市にある旧道。 名阪国道に現在も存在している針インターチェンジが2001年まで使っていた旧道、廃ランプウェイで、珍しい自動車専用道路の廃道となる。 2020年11月時点でも入口付近には目に見えてわかるような標識がいくつも残されており、バリケードらしきものや倉庫も残存している。中でも二輪車のタンデムを禁止する標識は、2005年以降の道交法改正により撤廃されたため貴重なものとなる。 しばらく先には分岐点があり、2つの標識の他、遮断機が残っている。右側が本線からの合流、左側が本線への合流となっているが、このランプウェイが廃道化した経緯は主にこの点にあり、カーブの先にある上に加速車線なしで合流するという運転難易度からその危険性を指摘され、先述した通り2001年に現在の針インターチェンジへ移設されている。

Hari interchange old road

The old road at Hari Interchange is an old road in Nara City, Nara Prefecture. The old road, the abandoned rampway, which was used by the Hari Interchange that still exists on the Meihan National Highway until 2001, will be a rare abandoned motorway. As of November 2020, there are still many visible signs near the entrance, including barricade-like objects and warehouses. Among them, the sign prohibiting tandem of motorcycles is valuable because it was abolished by the revision of the Road Traffic Act after 2005. There is a branch point some time later, and there are two signs and a barrier. The right side is the confluence from the main line, and the left side is the confluence to the main line, but the reason why this rampway was abandoned is mainly at this point, and it is said that it will merge without an acceleration lane on the end of the curve. The danger was pointed out from the difficulty of driving, and as mentioned above, it was relocated to the current Hari interchange in 2001.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻