木浦鉱山 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

木浦鉱山 (Kiurakōzan)

木浦鉱山(きうらこうざん)は、大分県南部の佐伯市(旧宇目町)宇目大字木浦鉱山にあるスズや鉛などを産出した鉱山である。 17世紀頃から採掘開始されたと言われる。明治以降は安価な輸入鉱石に押されるなどして休山状態となった。1887年(明治20年)から三菱が引き継いだものの1894年(明治27年)に休業。第一次世界大戦後に亜ヒ酸の製造が行われた。1926年(大正15年)11月に東洋鉱山が設立され、1939年(昭和14年)には554トンのスズを産出するまでになったが、1944年(昭和19年)に発令された錫鉱業整備令によってスズ部門が休止となり、終戦とともに全て休山となった。 戦後は大分県鉱産物五カ年生産計画に基づいて再開発が試みられたものの鉱石の品位が低く、1957年(昭和32年)に中止となったが、1961年(昭和36年)にエメリー鉱の鉱床が発見され、1967年(昭和42年)から採掘が行われている。 また付近に女郎墓があり心霊スポットなどと言われている。

Mokura mine

Mokura mine (Kura-kozan) is a mine that produced tin and lead etc. in Saeki city (former Ume 町) Umera Daiki Mori Mine in southern Oita Prefecture. It is said that mining started from around the 17th century. After the Meiji era, it became a closed state, for example by being pushed by cheap imported ore. Although Mitsubishi inherited from 1887 (Meiji 20), it was closed in 1894 (Meiji 27). Production of arsenic acid was carried out after the First World War. Toyo Mine was established in November 1926 (Taisho 15th year), and in 1939 (Showa 14th year) it had to produce 554 tons of tin, but in 1944 (Showa 19th) issued tin The tin division was stopped by mining maintenance order, and all closed with the end of the war. Although the redevelopment was attempted based on the Oita prefecture mining five-year production plan after the war, the grade of the ore was low and was canceled in 1957 (1957), but in 1961 (Emperor ore) in 1961 The mineral deposit has been discovered, and mining has been done since 1967 (Showa 42). There is a girl 's tomb in the vicinity and it is said to be a spirit spot.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻