秩父鉄道武甲線 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

秩父鉄道武甲線 (Chichibutetsudō Bukō Sen)

秩父鉄道武甲線は、埼玉県秩父市にあった貨物路線。 1918年(大正7年)9月16日、武甲山から産出した石灰石を輸送するための貨物専用線として影森~武甲間に開業。1922年(大正11年)5月20日に電化。1984年(昭和59年)2月1日廃止。 影森駅付近で、秩父鉄道本線と三輪線の間に挟まれる形で武甲線廃線跡が残る他、琴平ハイキングコースの一部に転用されている。一部区間にはレールや架線柱が残っている。

Chichibu Railway Bus Line

Chichibu Railway Busy Line is a freight route in Chichibu city, Saitama Prefecture. 1918 (Taisho 7th) On September 16, opening as a cargo exclusive line for transporting limestone produced from Mt. Electrified on May 20th in 1922 (Taisho 11th year). Abolished February 1, 1984 (Showa 59). In the vicinity of Kageomori station, there are marks of Wuyu line abandoned in a form to be sandwiched between Chichibu Railway Main Line and Miwa Line, and it is diverted as part of Kotohira Hiking Course. In some sections rails and catenary pillars remain.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻