都疎浜のバラック群 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

都疎浜のバラック群 (To Uto Hama No Barakku Gun)

都疎浜(とそはま)のバラック群は千葉県船橋市にある街区。 南本町は江戸時代には塩田として開発されていたが、1917(大正6)年9月30日の台風による津波により壊滅的被害を受け、放置された。戦後、都内から戦災者や引揚者が多く住み着き、このことから特に南半分が「都疎浜」と呼ばれるようになった。 現在、再開発が進められているが、一部に古いバラックが残っている。中には火災後そのまま放置されているものも見られる。 一部は住居として使用されており、すべてが廃墟なわけではない。

Barracks of the Tokyo Metropolitan Beach

The barracks group of Miyama Oohama (Toyama) is a block in Funabashi City, Chiba Prefecture. Namamoto town was developed as a salt field in the Edo period, but it was devastated by the tsunami of the typhoon on September 30, 1917 (Taisho 6), and it was neglected. After the war, a lot of war victims and repatriates lived in the city from Tokyo, so the southern half of it came to be called "Miyakohama" in particular. Although redevelopment is being promoted at present, old barracks remain in part. Some of them are left untouched after the fire. Some are used as residences, not everything is ruined.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻