行川アイランド | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

行川アイランド (Namekawa Airando)

行川アイランド(なめがわアイランド)は、かつて千葉県勝浦市浜行川にあった、動・植物園を中心にしたレジャー施設。「〇川アイランド」「行○アイランド」等として紹介されていることもある。 1964年8月13日に開園。フラミンゴショーの人気などから1970年には年間117万人もの入場者数を記録し、外房線には行川アイランド駅が設けられた。しかし鴨川シーワールドが1970年10月に開園、その後も周囲にレジャー施設が造られ、入場者数は年々減少。2001年8月に閉園した。 行川アイランドは現在も無人駅として存続している。 行川アイランドは山を削ったような、巨大な御椀型の窪んだ土地にあった。そのため、駐車場から園内に入るには巨大な洞窟のようなトンネルを通らなければならなかった。 入り口の反対側にあたるホテル方面は太平洋に面しており、浜に出られるようになっている。この地形は軍事施設であった名残だとされ、園内に多くある用途不明の洞窟は弾薬庫に使われていた。また、周りを一周する御椀型の頂は遊歩道になっていた。

Yukawa Island

Nekigawa Island (Nagigawa Island) was a leisure facility centered on Dynamic · Botanical Gardens, which was once in the Kamatsuura-shi Hamikawa River in Chiba Prefecture. It is sometimes introduced as "Okawa Island" "Row ○ Island" etc. It opened on August 13, 1964. From the popularity of the flamingo show etc., in 1970, the number of visitors was recorded as 1.77 million people per year, and the Oku line was set up in the Fubu line. However, Kamogawa Seaworld opened in October 1970, after that leisure facilities were built around, and the number of visitors decreased year by year. It closed in August 2001. Okawa Island still exists as an unmanned station. Ikkawa Island was on a huge cup-shaped recessed land like a shattered mountain. Therefore, in order to get inside the park from the parking lot it had to go through a tunnel like a huge cave. The hotel facing the other side of the entrance faces the Pacific Ocean and is set to be on the beach. This terrain was regarded as a remnant which was a military facility, and caves in unexplained use in the park were used in ammunition cabinets. In addition, the top of the bowl shaped to go round the circumference was a promenade.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻