六甲オリエンタルホテル | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

六甲オリエンタルホテル (Rokkō Orientaru Hoteru)

六甲オリエンタルホテルは兵庫県神戸市灘区にあったホテル。 1934年(昭和9年)7月10日に阪神電気鉄道が設置。当初は老舗ホテル「オリエンタルホテル」に営業を委託していた。敷地内の結婚式用の教会は、安藤忠雄設計の風の教会として知られている。 2006年(平成18年)10月1日の阪急・阪神経営統合にあわせ、阪急阪神第一ホテルグループの一員となったが、阪急電鉄系の六甲山ホテルと競合するため、2007年6月15日に営業停止、2007年(平成19年)12月に閉鎖された。

Rokko Oriental Hotel

Rokko Oriental Hotel is a hotel located in Nada Ward, Kobe City, Hyogo Prefecture. Hanshin Electric Railway was established on July 10, 1934 (Showa 9). Initially it was outsourcing to the established hotel "Oriental Hotel". The church for the wedding ceremony in the premises is known as the church of the wind of Ando Tadao's design. In accordance with Hankyu-Hanshin management integration of October 1, 2006, it became a member of Hankyu Hanshin Dai-ichi Hotel Group, but in order to compete with Rokkozan Hotel of Hankyu Electric Railway series, on June 15, 2007 It was shut down in December 2007 (2007).

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻