ビジョンダンマーク | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

ビジョンダンマーク (Bijondammāku)

ビジョンダンマークは京都府船井郡京丹波町にあった施設。国道9号線沿い、丹波自然公園交差点付近に位置する。 1992年のスペイン・セビリア万博の「デンマーク館」を、旧丹波町が1993年に10億円で移築したものである。デンマーク王立建築アカデミーのナッド・ホルシャー(Knud Holscher)教授による設計だった。 帆船をイメージした独特の外観を持つ300人収容のホールで、高さ10メートル以上の音響設備「スピーカータワー」などを備える。 「京都デンマーク公園」として一帯が整備される計画で、竣工式には歌手の財津和夫さんらのコンサートもあったという。その後の景気低迷などにより計画は頓挫し、活用されないまま老朽化が進んだ。 壁面には、先進的なデザインとはミスマッチな「安心安全の京都丹波ブランド」というフレーズ、のほほんとした牛のイラストなどが描かれていたが、近年にはそのイラストも色褪せていた。二階の床も腐食が進んでいたという。 2018年に解体。 跡地には京丹波町新庁舎が建設予定となっている。 (参考:京都新聞2018年1月14日)

Vision Dunmark

Vision Danmark is a facility located in Kyotamba-cho, Funai-gun, Kyoto. Located along the national highway 9 along the Tamba Nature Park intersection. The “Denmark Pavilion” of the Seville Expo in 1992 was relocated by the former Tamba Town in 1993 for 1 billion yen. It was designed by Professor Knud Holscher of the Royal Danish Academy of Architecture. A hall with a capacity of 300 people with a unique appearance reflecting the image of a sailing ship. The whole area is planned as “Kyoto Denmark Park”, and there was a concert by singer Kazuo Zaitsu at the completion ceremony. The plan was abandoned due to the economic downturn that followed, and it was aged without being utilized. On the wall, the phrase “safe and secure Kyoto Tamba brand”, which is a mismatch with the advanced design, and illustrations of a genuine cow, etc. were drawn, but in recent years the illustration has also faded. The floor on the second floor was also corroded. Demolition in 2018. A new government building of Kyotambacho is scheduled to be built on the site. (Reference: Kyoto Shimbun January 14, 2018)

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻