虹の泉 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

虹の泉 (Niji No Izumi)

虹の泉は三重県松阪市にある庭園、陶芸空間。国道166号線沿い、道の駅「波瀬駅」近くに位置する。 陶芸家の東健次氏(1938-2013)が一人で作ったという芸術的な庭園である。 東氏がスリランカの世界遺産「シギリヤ遺跡」を見て着想を得て、アルゼンチンで土地を探すも頓挫、少年時代を過ごしたこの地で「虹の泉」の建設を始めた。壁画や像などが全て陶器で制作されている。 入場料のみで生活し、35年の歳月をかけて建設を続けた。 東氏の逝去後、妻の良子氏が残された作品の取り付け作業を行い、2016年10月に完了している。夫人は市への寄贈を希望している旨が報じられている。 B級アート、珍スポット、アウトサイダーアート、アールブリュットなどとも評されている。 廃墟ではないが、2017年時点で、入口にロープが張られた状態となっていることが確認されている。波瀬駅で大人500円の入場維持管理協力金を集めているらしい。

Rainbow Fountain

Niji no Izumi is a garden and ceramics space in Matsusaka City, Mie Prefecture. Located along Route 166, near the roadside station “Hase Station”. This is an artistic garden made by potter Kenji Higashi (1938-2013). Mr. Higashi was inspired by seeing the Sri Lanka World Heritage site, Sigiriya Ruins, but he was unable to search for land in Argentina. Mural paintings and statues are all made of pottery. He lived on admission only and continued construction for 35 years. After Mr. Dong passed away, his wife, Ryoko, installed the remaining works and was completed in October 2016. The wife is reported to be willing to donate to the city. It is also regarded as B-class art, rare spot, outsider art, and art brut. Although it is not a ruin, as of 2017, it has been confirmed that a rope is stretched at the entrance. Apparently, 500 yen for adults is collected at Hase Station.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻