ステージ八風 | 廃墟検索 Back to Haikyo.org

ステージ八風 (Sutēji Hachi Fū)

ステージ八風(はっぷう)は三重県三重郡菰野町の野外ステージ。八風スポーツ公園、八風キャンプ場近くに位置する。 1996年に建築された4層のアーチからなる半ドーム型トラス構造の野外ステージである。骨組みは木製、屋根部分はトタン状の材質で構成されている。 当地で牧場を経営していた諸岡順衛氏が、ゴルフ場建設のために牧場を手放すことになった際、残った土地に動物園を設置することとした。 その際の縁で紹介された建築士により、ヒノキの三寸角によるステージを提案、実現の運びとなった。 往時は子ども向けイベントやインディーズバンドのライブ等に活用されていたという。 少なくとも2004年時点では使用されており、2013年時点では入り口にロープが張られ、やや朽ちた状態となっている。 2005年頃にオーナーが逝去されて使用されなくなったらしいが、その後も音楽関係者等から再活用を求める声が上がっている。 2019年10月時点で現存し、屋根一部に損壊が見られる。周辺には一体的に設置されたらしい人の背丈より大きい石灯籠がある。 管理されている。

Stage Happu

Stage Happu is an outdoor stage in Komono Town, Mie District, Mie Prefecture. Located near Happu Sports Park and Happu Campground. It is an outdoor stage with a semi-dome type truss structure consisting of four layers of arches built in 1996. The skeleton is made of wood, and the roof is made of galvanized iron. When Junoe Morooka, who ran a ranch here, decided to let go of the ranch to build a golf course, he decided to set up a zoo on the remaining land. The architect introduced at that time proposed a stage with a three-dimensional cypress angle, and it was realized. In the past, it was used for events for children and live performances of indie bands. It was used at least as of 2004, and as of 2013, it was in a slightly decayed state with a rope stretched at the entrance. It seems that the owner passed away around 2005 and it is no longer used, but music-related people have been calling for reuse since then. It still exists as of October 2019, and part of the roof has been damaged. There is a stone lantern that is larger than the height of a person who seems to have been installed integrally in the surrounding area. It is managed.

最高の廃墟の本 | Best Haikyo Book

This website is simply a tiny cache of Haikyo Info which provides English translations and geolocalized search. Please visit Haikyo Info for more information, useful data and great haikyo map. Thank you 👻